« いよいよ9月がやってきた | トップページ | 新学年 »

2007年9月 4日 (火)

アレルギー

2歳児がピーナッツアレルギーだってことは前も書いたけれど、この夏に本格的に調べるべく、アレルギー専門医に行った。

十分な血が採れずに、少ししか調べられなかったのだけど、なんとピーナッツの数値がものすごく高くて、レベル4ということがわかった。(1が一番低い) これは間接的にでも反応してしまう怖い数値。だから前にも書いたように、エピペンを持ち歩き、万が一アナフィラキシーショックになった時のために備えています。これからナーサリーにも通うのでみんなにも言わないといけないし。幸い、ピーナッツアレルギーの怖さはこの国では知れ渡っているので、学校にピーナッツのお菓子を持ってきてはいけないなどルールはあることはあります。でもムスメによると、持ってきてる子って結構いるらしいの。自分だけ食べれば良いと思っているみたいだけど、そばで食べてるだけでもアレルギー反応がでちゃうほど強いものだってことは知らない人が多い。だから公園でピーナッツのお菓子食べたりするのよね。その子が触った玩具にうちの子が触ったりしたら、ただちに反応出るほど怖いんだから。

ピーナッツアレルギーの子は卵アレルギーでもある、というのが定説のようで、うちの子も高めの数字が出ました。なので、5才くらいまでは卵抜きの生活です。卵アレルギーは徹底的に排除すれば、早く改善されると言われました。幸いにもうちはあまり卵食べないので、卵料理はしなくても大丈夫だけど、ありとあらゆるものに含まれているんだよね、卵って。2歳児にあげるときには、クッキーとかケーキとかちゃんと表示を見てからあげないと。ネットで検索すると卵抜きのレシピも結構あるので、作ってみようと思います。

そんなで今日は2回目のアレルギーテストに行ってきた。もう血を採るのはかわいそうなので、パッチテスト。手が届かないように背中にドバーンとつけて、かゆかったみたい・・・。結果はやはり卵とほこりやダニ。ネコも。花粉や草も少し。掃除しなくちゃねえ。

アレルギーの先生、とても感じのいい私よりもちょっと若めの女医さんなんだけど、おもしろいのはそばアレルギーについては何の知識もなかったこと。前回「そばアレルギーも調べて欲しい」と言ったら「小麦粉(wheat)でそんなに反応がないのだから、その中のひとつであるそば粉(buckwheat)をわざわざ調べる事ないのでは?」と言われて、ええ、そうなの?と思ったの。そば粉は小麦粉とは違うでしょ。だから今度は「そばアレルギーは日本ではピーナッツと同じように扱われています、アナフィラキシーショックにもなるんですよ」と言ったら驚いて翌日までに調べて電話してくれた。お国が違えば食べるものも違うし、カラダの遺伝子に入っているものも違うモンね。でも今のところ検査結果ではそば粉に対する数値が低いので大丈夫なのでは、ということ。今度の診察の時にもう一度パッチテストで調べる事にしました。卵アレルギーなのでインフルエンザの予防接種前にもパッチテストが必要だということです。そういうのってよく聞いてたけど、他人事だった。まさか自分もこんなことになろうとは。

お友達のFさんの子供達は牛乳アレルギーなんだよね。これも大変。チーズが食べれないからピザもダメだし、それこそ牛乳なんて市販のものにたくさん入ってるし。この国でピザが食べれないなんて、食べるものないよ!アメリカでもアレルギーの問題が多いので、みんな大変です。

ムスメは食べ物にアレルギーはなかったので、食べさせるのに苦労なかったけれど、2歳児には気をつけないと。二人ともホコリとダニ、ネコにアレルギーがあるのは一緒みたいだけど。
今から掃除しようっと。



Banner_04←2歳児に応援クリック

←こっちもクリックね

|

« いよいよ9月がやってきた | トップページ | 新学年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ9月がやってきた | トップページ | 新学年 »